プレスリリース

食品業向け物流センター管理システム「AWMS for food」を提供開始します。

食品業向け物流センター管理システム
「AWMS for food」を提供開始

~ DC・TC(1型2型)の複合管理が可能、賞味期限管理で食品ロス対策にも貢献 ~

  株式会社東計電算(本社:神奈川県川崎市中原区、代表取締役社長:古閑祐二)は、食品業界に特化したクラウド型WMS(倉庫管理システム)パッケージ「AWMS for food」を2月9日より提供します。

 物流センターにおいては業界全体で人手不足が深刻化しており、デジタル化による業務効率化と生産性向上が急務となっています。また食品物流においては、食品ロス削減のための適切な納品期限管理や、多様化する消費者ニーズに応える細やかな商品管理がより求められるようになっています。

 一般的に物流センターには、入荷後にセンター内で在庫を保管するDC(ディストリビューションセンター)型と、在庫を持たず入荷後すぐに商品を出荷するTC(トランスファーセンター)型の2種類があり、さらにTC型は、商品を納品先の店舗ごとにセンターで仕分けて納品するTC1型と、全店舗分を一括で納品するTC2型に分類されます。
<DC/TC(1型・2型)の違い イメージ>

 AWMS for foodは、ワンパッケージでDC型とTC1型、TC2型向けの機能を備え、複合型のセンターや形態が異なる複数のセンターを容易に一元管理できます。さらに、仕入れ先との電子商取引が可能なWeb-EDI機能や、Web連携による仕分け用のPDラベル発行機能を備えており、物流センターだけでなく、店舗や仕入れ先ベンダーも含めた業務効率化と生産性向上に貢献します。

 またAWMS for foodは、食品スーパーや卸、メーカーなど食料品の物流センター向けのWMSで、食品分類ごとの管理や賞味期限管理をはじめとする業種に特化した機能を備え、適切な商品の入出荷、ひいては食品ロスの抑制や流通コストの削減に寄与します。

<「AWMS for food」サービス全体像>

■「AWMS for food」の特徴https://www.toukei.co.jp/wp/?page_id=847
● 食品分類ごとのに異なる管理パターンを任意に設定可能
 食品分類(精肉、鮮魚、青果、加工食品、菓子・飲料など)ごとに異なる管理手法や納品形態の組み合わせをパターン化したうえで、適切な一元管理が可能です。

<食品分類ごとの物流管理パターンの例>

● 賞味期限または製造日に紐づく日付管理機能で廃棄ロスを抑制
 賞味期限または製造日に紐づく商品管理が可能です。入荷時は在庫商品との日付逆転チェックを、出荷時は納品先ごとの日付逆転チェックを行うことで、期限切れによる廃棄ロスや不適切な出荷を防ぎます。

<日付逆転チェックのイメージ>

● 多言語対応で任意の言語設定が可能
 ご利用になる言語を事前にマスタ登録することで、ユーザーごとに任意の言語設定が可能です。人手不足による外国人労働者の受け入れに容易に対応できます。

● DAS機能を内包、外部連携不要でスピーディなマテハン導入を実現(オプション)
 仕分けの効率化とミス防止の効果が高いDAS機能(無線表示器)が備わっています。外部連携が不要なのでスピーディに導入でき、将来的にマテハン導入を検討する場合に機能追加が可能です。

● クラウド型で、システムの運用保守が不要。災害時などBCP対策も万全
 当社運用の国内データセンターで稼働するクラウドサービスで、ハードウェア・ソフトウェアの運用保守が不要です。万全なBCP対策のもと24時間365日体制で専任オペレーターが管理しているので安心してご利用いただけます。

● Webサービスにより、様々なデバイスでいつでもどこでも利用可能
 PCだけでなく、タブレット、HHT(ハンディターミナル)などさまざまなデバイスから利用できます。タブレットでのピッキングや外出先からの在庫確認、遠隔地からの在庫管理など、多様な働き方に幅広く対応します。

● 300を超える導入実績で、事業成長に応じたカスタマイズにも柔軟に対応(オプション)
 業界特化のシステム開発を得意とする当社は、多様な業界の物流センターへ300を越えるWMSの導入実績があります。そのなかでも食品業界に精通した専任のエンジニアが個別のカスタマイズに対応し、ご要望に沿ったシステムを実現します。

■事例のご紹介:シュタープ株式会社(新潟県)
 パッケージ化に先立ち、2021年9月よりシュタープ株式会社の食品スーパー様用ドライセンターにAWMSが導入されました。同一センターでDASとソーターを導入し、DC品・TC品の店別仕分け・出荷を行っています。各機器とのリアルタイム連携で即座に現場の状況把握ができ、HHT機能により入出荷/在庫精度が向上し、誤出荷もほぼなくなりました。また、お客様へWeb機能を一部公開したことで入庫報告や在庫報告などの事務作業がなくなりました。

 シュタープ株式会社のご担当者様からは「マテハンの効果と合わせ導入前と比べ残業が多く発生する形だったものが定時前に終了するようになった。春に立ち上げる新チルドセンターにもAWMSを導入する予定。更なる効率化やお客様満足度アップを期待している。」との評価をいただきました。

<シュタープ社 食品スーパー様向けドライセンター イメージ>


会社名 : 株式会社 東計電算(https://www.toukei.co.jp/)
本 社 : 神奈川県川崎市中原区市ノ坪150
代表者 : 代表取締役社長 古閑祐二
設 立 : 1970年4月1日
資本金 : 13億7015万円
事業内容: 業種・業務毎に専門特化したソリューションのシステム設計・開発・運用事業(製造業、流通業、住宅関連業、建設業、小売業、物流業、公共事業、機械制御分野、放送・通信分野、外食産業、通販業他サービス業等)/免震装置と自社開発のセキュリティシステム等を備えたIDCを活用したアウトソーシングサービス事業(汎用機からサーバ機までの運用管理)/海外を含めたネットワークサービス構築、情報システム構築・導入、コンサルティング事業
従業員数: 802名(2020年12月期)
資料請求・お問合せ・導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください。
株式会社東計電算
 倉庫システム営業部
044-738-0011

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP