企業におけるIT機器や
環境の構築・サポートを行います。

フィールドサポートサービスは、お客様のIT機器や障害時の問合せ、またサーバー環境を適切で・効率化を行う環境へ再構築など、お客様の業務環境に合わせたサービスを專門スタッフが行います。

  • 最新の設備と技術

    最新の設備と技術・監視、運用まで24時間365日守ります。

  • 専任スタッフによる対応

    開発システムを自社データセンターにて運用するため傷害時対応もスピーディーに。

  • お客様に合わせた提案

    お客様の業務環境に合わせた、ITサポートをご提案いたします。

WindowsPC展開

サポートサービス

サービス詳細

計画・設計
Windows最新OS環境への移行計画支援 Windows最新OSの導入・移行に関して、最適な移行計画や問題の解決方法をご提案いたします。
データ移行
Windows最新OS環境へのデータ移行 Windows最新OSの導入の際は、弊社が古いパソコンから新しいパソコンへデータ移行を行います。
アプリ移行
レガシーアプリケーションの移行
(※オプション)
旧OSでのみ動作する既存のアプリケーションを新しい環境で有効活用できるようにXP Mode、RemoteAPPなどの仮想化技術から最適な方法をご提案します。
運用支援
導入後の運用をサポート
(※オプション)
ハードウェア保守やマルチサポート保守、クライアントバックアップ、情報漏洩対策、ウィルス対策ソフトの管理など様々な運用サービスをご提供します。
価格
項目 価格 備考
基本セットアップ 8,000円~ ネットワーク設定、Office設定、プリンタ設定など
データ移行 3,000円~ 「デスクトップ」「マイドキュメント」「お気に入り」「メールデータ」など
価格(オプション)
項目 価格 備考
マルチサポート 10,000円~/月 電話やリモート接続で障害を切り分け・保守依頼代行
ハードウェア保守 新規導入パソコン、プリンタの保守

ターミナルサービス

解決できる悩み

MetaFrame、CitrixPresentation Serverより安価にリプレースしたい
低速なWAN環境でのクラサバシステムのレスポンスを改善したい
インターネット経由でシステムや社内データにアクセスしたい

特長

サーバで実行したアプリケーション画面をクライアントで表示・操作できます
サーバ側でアプリケーションを一元管理することができます
通信は画面と入力だけなので、低速な通信環境でも快適に操作できます
クライアントに情報を残しません

これまでのターミナルサービスとの違い

シームレスウィンドウ(アプリケーション画面のみ表示できます)
ブラウザからのアクセスも可能
複数サーバで負荷分散できる
クライアントPCの展開が簡単
サーバ側にプリンタドライバが無くても印刷可能(EasyPrint *1)
*1 Microsoft.NET Framework 3.0 Service Pack 1 以上が必要です

Citrix製品(XenApp)との比較

リモートデスクトップサービス XenApp(Citrix)
メリット デメリット メリット デメリット
PCのインストールが簡単 Windows OSのみ対応(*2) マルチプラットフォーム ライセンス費用が高い(*3)
印刷が速い(EasyPrintの場合) 監視・管理機能が少ない 管理機能が充実 Gatewayは別途購入
Gatewayが標準実装 高速な通信プロトコル

*2 RDC6.1以上が必要です(RDC6.1は WindowsXP[SP3]・WindowsVista[SP1]・Windows7に含まれます)
*3 Citrixのライセンスの他にターミナルサービスのライセンスも必要になります

マルチサポートサービス

「マルチサポートサービス」はIT関連機器の障害発生時や問合せの連絡を、専用の窓口にてご対応する運用サポートサービスです。

IT機器の運用課題とは

ハードウェア故障の連絡先は?
メーカー毎に連絡先が違う
機器によって保守内容が違う
パソコン操作時の問合せ窓口は?
パソコンが起動しない
Excelのこの設定はどうすれば良いの?
システム担当者に問合せが集中
ソフトの問題?ハードの問題?仕様の問題?
問合せの連絡が重なって対応が・・・
IT機器の資産管理がされていない
無駄な機器を購入していないか
購入したパソコンの設定値は?

導入メリット

障害発生時や問合せの窓口を一本化できます。
システム管理者様の管理、調整の負荷を軽減することができます。
IT機器の資産管理が容易になります。
導入ユーザー様の運用環境に適した形でサポートいたします。

運用体制

仮想環境構築

増えすぎた業務サーバを集約し、効率よく活用できます。

導入メリット

複数業務の集約が行えます(省スペース/低消費電力)。
サポート切れOSの延命対策が行えます。
ゲストOSをファイルとして管理できます(簡単にバックアップ)。
Hyper-V、VMwareといった2種類の仮想化手法から選択が可能です。

構成パターン1 Hyper-Vによる仮想環境

仮想化ベーシックセット(Hyper-V)

乱立したサーバを統合・集約し、仮想化によるコスト削減が行えレガシーシステムの延命稼働する事が可能です。
※仮想化対象OSはWindowsに限定

仮想化冗長化セット(Hyper-V)

Hyper-Vにおける冗長化手法で、仮想マシンの信頼性が向上し、万が一の障害時にも安定した稼働が行え、仮想マシンの柔軟な拡張性を推進します。

構成パターン2 VMwareによる仮想環境

仮想化ベーシックセット(VMware)

乱立したサーバを統合・集約し仮想化によるコスト削減が行え保守切れOSの延命が可能です。
※実績のある、高機能な仮想化プラットフォーム

仮想化冗長化セット(VMware)

VMwareにおける冗長化手法で、サーバの信頼性向上します。

 資料請求・お問合せ・導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください。
 株式会社東計電算 システム運用部
044-738-0164