東計電算の人財教育・人財育成について

社員の「学びと成長」を行うために業務の中から学び、さらに高い目標の達成を支援する文化を持っています。

自己のスキルアップ=スペシャリストを育成する風土・土壌を支援

東計電算では、社員の「学びと成長」を行うために業務の中から学び、さらに高い目標の達成を支援する文化を持っています。これを実現するために、実務OJTと集合研修OFFJTの2つの教育を充実させ、さらに各専門分野にて業務に携わる事での専門性の知識を持てる環境の提供を基本方針としています。また、一人ひとりが仕事を通して得た知識やノウハウを社内で共有し、さらに他の社員が修得するために、内部教育セミナーや研究発表の場を設けています。

入社から、キャリアゴールまでのステップを支援

入社から最終ゴールまでを、知識・経験・技量に基づいて段階的に規定することで「キャリアロードマップ」を設定し、キャリアアップと共にステッププログラムを実施しています。
それぞれのキャリア毎に、知識・経験・技量を実感でき、それぞれのキャリアゴールに向け目標を持てる「キャリアロードマップ」をサポートしています。
①入社1年以内(トレーニー)
②若年層期の(プレ・プロフェッショナル)
③専門的性獲得期、プロフェッショナル期(プロフェッショナル)