TC/DC対応アパレル業向け物流システム
『SCM-Vision』

SCM-Visionは『EDI』 と 『WMS』 で構成されたサプライチェーンマネージメントを実現する為のシステムです。

  • 特  徴
  • 最新情報・導入事例

『EDI』 と 『WMS』 で構成されたサプライチェーンマネージメントを実現

SCM-Visionは『EDI』 と 『WMS』 で構成されたサプライチェーンマネージメントを実現する為のシステムです。
受発注データ、入荷情報、出荷情報、在庫情報を本部様・取引先様・物流センター様で情報共有を行い、ビジネスの効率化の向上を目指します。

簡単にEDIを実現でき、伝票レス・検品レスによる業務の軽減が図れます。
また、WMSではDC・TCⅠ型/TCⅡ型の機能を用意しておりますので、お客様の運用を強力にサポート致します。

店別TC機能に対応

サプライヤーから店別に仕分けされた荷物に貼ってあるSCMラベルを入荷検品、出荷検品し荷札ラベルを貼って店舗へ出荷します。

総量TC機能に対応

各サプライヤーから総量で入荷された荷物を入荷検品、店別仕分け、出荷検品し、SCMラベル・梱包明細ラベル・荷札ラベルを貼って店舗へ出荷します。

ASN情報との照合による入荷検品システム

サプライヤーからのASN情報と入荷実績データを照合する事で、正確かつ迅速な入荷検品作業が可能となります。

実績豊富なDC機能

フリーロケーションにより格納効率が向上、良品・不良品等商品の状態に応じた在庫管理、様々なピッキング単位にも柔軟に対応します。

各種ラベル発行可能な出荷検品システム

単品検品から箱詰め梱包単位で、SCMラベル・梱包明細ラベル・荷札ラベル発行が可能となります。

送り状情報の提供

出荷実績情報から路線運送業者へ送り状情報を提供します。
物流センターで送り状発行作業が不要となります。

価格・プラン
SCM-Vision価格表 ※詳しくは、電話・メールにてお問合せ下さい。
初期費用 6,000,000円~
月額 物量・データ量により、異なります

SCM-Vision の効果・導入事例

事例①

物と情報の流れをシームレス化、且つリアルタイムで情報照会が可能となり、予定に対する業務計画が組めるようになり、効率化と物流コスト削減を実現

企業:SCM-Vision H社版
業種:大手アパレル紳士服チェーン
商品:紳士服全般
物流拠点数:1センター
物量:月間35万件
システム構築期間:約6ヶ月(開発)

お悩み

● 自社物流より物流委託を行なうにあたり、TC1型・TC2型・DC業務を1つのシステムで行い、物流業務効率化を図ると共に物流コスト削減へつなげたい
● 各取引先とのEDIもあわせて行いたい
● パッケージをベースに構築することで、システム費用の削減を図りたい

課題クリアのポイント

● WEB-EDIとWMSの連携されたシステム構築
● TC1型・TC2型・DC業務全てに対応したパッケージをベースに構築し、ローコストでの構築を実現

東計電算のご提案

【SCM-Visionをベースとしたカスタマイズ構築】
SCMラベルを活用し、物と情報の流れをシームレス化。
パッケージからのカスタマイズでローコスト導入を実現。

導入効果

●SCM-Visionをベースにしたカスタマイズで対応したため、ローコストでの導入を実現しました。
●物と情報の流れをシームレス化、且つリアルタイムで情報照会が可能となり、予定に対する業務計画が組めるようになり、効率化と物流コスト削減を実現しました。

担当SEからのコメント

SCMラベルを活用する事で、情報と物の流れを合わせシームレス化を実現しました。
各取引先様からのシステムに関するお問合せも受付け、物流におけるシステム全般をサポート致します。

事例②

物流センター側の検品作業費を削減、本部からリアルタイムで照会可能にし接客・販売業務への専念が可能に

企業:SCM-Vision A社版
業種:大手アパレル紳士服チェーン
商品:紳士服全般
物流拠点数:5センター
物量:月間 DC155万件 / TC13万件
システム構築期間:約12ヶ月(開発)

お悩み

● 現状よりも物流コストを削減したい
● 本部から倉庫内の情報をリアルタイムで確認することができない
● 店舗での入荷作業に手間がかかり、販売業務に注力できない

課題クリアのポイント

● 運用全体の見直しによる作業効率化とコスト軽減
● 拠点間をつなぐインフラの構築

東計電算のご提案

WMSのみにとどまらず、基幹システムや取引先とのEDI連携も一括して対応可能。
自社開発のため、カスタマイズの柔軟性や120名体制でのサポート提供が可能。
自社データセンターにて、24時間365日サポート。

導入効果

●取引先様にて検品を実施する運用に変更し、物流センター側の検品作業費を削減することができました。
●クラウド採用により、各拠点の情報を本部からリアルタイムで照会可能となりました。
●SCMラベルの利用で、店舗の入荷納品はラベルスキャンのみとなり、接客・販売業務への専念が可能となりました。

担当SEからのコメント

SCM-Visionは各取引先からの納品体系が店別、総量のどちらの場合にも対応できるWMSの機能を備えています。
SCMラベルを利用し、倉庫や店舗での検品作業の軽減が実現できました。

資料請求・お問合せ・導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください。
株式会社東計電算
ロジスティクスシステム部
044-738-0011