医療・医薬品向け物流システム
『Medical-Vision』

Medical-Visionは、医療・医薬品に特化したクラウド物流システムです。

  • 特  徴
  • 最新情報・導入事例

豊富な導入実績で、お客様の業態に応じた高品質のサービスを提供。

Medical-Visionは、医療・医薬品に特化したクラウド物流システムです。
導入型システムと比べシステムの運用・監視をデータセンターが行うため、TCOの削減が可能となります。(お客様運用にあわせた、センターの分散・移転・集約等にも即座に対応できます。)
(*1)製造メーカー様、卸業者様、販売会社様、3PL業者様、小売店様、ドラッグチェーン様、医療機関様 等

ロット管理が可能

製造元(仕入先)毎に仕様化されている製造ロット体系の情報を登録できる仕組みを有しており、入庫処理時に自動解析を行い、出庫指示の在庫引当優先順位から先入先出を制御します。
また、届先品目単位に最新の納品ロットを管理しており、ロット逆転による事故を防止します。

商品毎の使用期限・有効期限管理が可能

商品毎に使用期限・有効期限の管理を行っており、期限が切れた商品は自動的に引当対象外となります。
期限切れの商品の出荷を防止します。

在庫区分による商品管理が可能

保冷品/常温品の区分、また医薬品特有の向精神薬、劇薬、生物由来等の区分管理が設定可能です。
出荷指示時には注意を促す機能を搭載しております。

ピッキング単位のフレキシブル化の実現

ピッキングリスト・出荷ラベル・送り状等を作業バッチ毎に指定プリンタから一括発行が可能です。
帳票のカルタ取りをする必要がなくなります。

各種帳票の自動発行機能搭載

荷主からの入庫予定情報を事前に把握することにより、入庫作業をより効率的にし、先々の出荷予定に柔軟に対応できます。

リアルタイムな作業工程の照会が可能

入庫履歴、在庫状況、配送情報(送り状情報)等を汎用的なCSV形式で抽出しご提供することができるため、お客様の目的にあった自由な二次的加工も可能となります。

様々な情報を抽出し、各種加工が可能

各種状況照会画面から、庫内作業の状況をリアルタイムに把握できます。
また、「検品システム」のオプション導入により、作業員レベルでの進捗も把握できます。

豊富なオプション機能もご用意

EDIシステム
EDIシステムとの連動により、様々な通信手順のデータインタフェースに対応致します。
また、コールセンター機能(受注受付・入力)もご提案可能です。
検品システム
検品システムとの連動により、入荷検品・出荷検品・詰合せ検品・積込検品を機械的に行い、誤出荷の防止及び作業効率の向上が図れます。
専用伝票発行システム
量販店・一般店等の様々な専用納品伝票をローコストで対応致します。

お客様のシステム管理サポート

製薬業界に於けるCSVガイドライン等、薬事法に基づく査察対象に関しても、ご担当者様負担を軽減していただけるようサポートいたします。

価格・プラン
Medical-Vision価格表 ※詳しくは、電話・メールにてお問合せ下さい。
初期費用 3,000,000円~
月額 物量・データ量により、異なります

Medical-Vision の効果・導入事例

バージョンアップ情報

NEW 2017.02 データエクスチェンジ機能強化
WMSに対する情報のIN/OUTを汎用化するためのデータマッピング機能を強化。
2016.04 TC運用対応
DC(在庫型)運用と合わせて、TC(通過型)運用を実装【TCⅠ/TCⅡ】。(並行運用を可能に)
2016.01 高度医療機器対応
医療機器向けの機能実装:カテーテル・整形インプラント及びローナー機器対応。(短期/長期貸出や回収・洗浄向け対応)

事例①

月次処理の簡素化、当日配送を可能にし独自の集計業務を実現

企業:Medical Vision H社版
業種:国内大手医薬品メーカー
商品:医療用薬品、販促品など
物流拠点数:3センター
物量:月間数十万件
基幹システム:SAP R/3
システム構築期間:約1ヵ年(開発)

お悩み

自社物流から物流委託を行うにあたり、卸業者向け医薬品物流システムに関しても、委託型で構築し社内の物流コスト削減及び効率化を図りたい。

課題クリアのポイント

●アウトソーシング化に伴う、ITコスト削減
●ホストコンピュータの老朽化
●情報の一元化及び伝達の迅速化

東計電算のご提案

弊社データセンターを利用することにより、委託型による構築を実現。
社内の物流コスト削減、及び、効率化を図ります。

導入効果

●ITコストの削減により、物流に関わるトータル的なコスト、及び、各業務に於けるコストの明確化が可能となりました。
●月次決算の迅速化、棚卸業務の迅速化、調達計画及び実行の簡略化を実現しました。
●管理資料を充実させることで、CSV出力による、独自の集計業務を実現しました。
●使用可能な時間帯が拡大したことにより、当日配送を可能にしました。
●システムの柔軟なカスタマイズが可能になりました。

事例②

月次処理の簡素化、当日配送を可能にし各業務に於けるコストの明確化が可能

企業:Medical Vision K社版
業種:国内大手医薬品メーカー
商品:OTC医薬品、医療用医薬品、販促品など
物流拠点数:17センター
物量:月間数百万件
基幹システム:SAP R/3
システム構築期間:約1ヵ年(開発)

お悩み

自社物流から物流委託を行うにあたり、直販向け物流システムへの切替を行うと同時に従来の卸業者向け物流システムも行う必要がある。

課題クリアのポイント

●卸業者を介さない直販システムの構築
●OTC医薬品と医療用医薬品物流の共存
●情報の一元化及び伝達の迅速化

東計電算のご提案

直販物流と卸業者向け物流をシステム内で判別し、目的に応じた出荷業務を実現。
専用伝票発行用のサブシステムを利用することにより、基本伝票種(TA1やTA2等)は無論、量販店向けの特殊な伝票、及び荷札もご用意します。

導入効果

●ITコストの削減により、物流に関わるトータル的なコスト、及び、各業務に於けるコストの明確化が可能となりました。
●月次決算の迅速化、棚卸業務の迅速化、調達計画及び実行の簡略化を実現しました。
●管理資料を充実させることで、CSV出力による、独自の集計業務を実現しました。
●使用可能な時間帯が拡大したことにより、当日配送を可能にしました。
●システムの柔軟なカスタマイズが可能になりました。

資料請求・お問合せ・導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください。
株式会社東計電算
ロジスティクスシステム部
044-738-0011