建設業で商品販売、商社・卸売で工事原価管理が必要な会社様向け統合システム

複数の事業を一つの工事原価+販売システムが管理いたします。

建設業で商品販売、商社・卸売で工事原価管理が必要な会社様向け統合システム
『Web Active Construct SALE』

複数の事業を一つの工事原価+販売システムが管理いたします。

  • 特  徴
  • 主要機能
  • 導入事例
  • 課題解決策
  • オプション

Web Active Construct SALEとは

建設業で物販も行っている企業様、卸業・流通業で建設工事も請け負っている企業様向けに開発致しました、工事原価と販売管理が可能な基幹システムです。親会社との商品マスタ連携、取引先とのEDI、工事と販売管理のデータを一元管理し、貴社業務に即したシステム構築を行います。

工事原価+商品販売管理の統合

建設業であり、物販も行っている企業、卸・流通販売を行っている企業で工事を請け負っている企業様向けに工事原価管理と販売管理が統合管理可能な基幹システムです。両業務の標準化を行います。

企業ごとのニーズに合った拡張機能

企業全体ごとで取扱商品、工事管理、業務の流れが違います。弊社は工事原価と商品販売管理システムが一体となったコア機能とオプション機能でお客様の業務運用をシステムからサポート致します。様々なオプションシステムも取り揃えており、ユーザー様毎のシステム構築が可能です。

内部統制強化の業務申請承認ワークフロー

企業様ごとの業務承認ルールにあった申請承認ワークフローを行うことが可能です。
金額による承認分岐、低粗利、実行予算以上の発注時の承認等、貴社業務ルール及び紙での捺印ルールに合わせたワークフロー運用を行うことが可能となります。

工事管理強化及び作業効率化を行うインターフェース

企業様ごとの業務承認ルールにあった申請承認ワークフローを行うことが可能です。
金額による承認分岐、低粗利、実行予算以上の発注時の承認等、貴社業務ルール及び紙での捺印ルールに合わせたワークフロー運用を行うことが可能となります。

全体機能概要

建設業で物販も行っている企業様、舗装、設備、塗料、等の卸業・流通業で建設工事も請け負っている企業様向けに開発された、工事原価と販売管理が可能な基幹システムです。
様々なユーザ様の導入経験があり、同一部署で工事も物販も行っている、部署ごとで工事部門と物販部門が分かれている等貴社業務に合った柔軟なシステムで業務運用をサポート致します。

主な機能概要及びフロー

Web Active Construct SALEの効果・導入事例

工事物件の全社共通化、工事収支状況の見える化を実現

B社【化学品材料販売・建設業 従業員数:60人 売上高:70億】

導入検討の背景

商品販売管理がシステム化されており、工事原価管理については、紙での運用を行っていたため、各拠点毎で同じ案件の見積依頼が把握できなかったり、工事の収支状況が月次段階にならないとわからない状況でした。内部統制強化もシステム導入検討の背景。

お悩み

1.販売管理と工事原価管理を網羅したシステムが必要
2.物件情報を一元管理し、稼働物件の見える化を行いたい
3.現場任せの契約、発注処理を統制したい

解決へのプロセス

システムで取り扱うデータを案件管理から登録し、全社で案件情報の共有を行うことにより、工事・商品販売物件の重複を防止。受注情報から実行予算、発注情報、査定情報が処理タイミングで収支情報として把握。月末時点での把握ではなく、現時点の状況把握が可能となり、経営判断情報スピードが早期化を実現。内部統制強化のため、見積、受注、発注、売上、仕入作業には承認後、確定を行い、内部統制強化を実現。

別々の工事原価SYS、販売管理SYSを統合による月次処理向上

B社【土木資材販売業 従業員数:250人 売上高:200億】

導入検討の背景

同じ基幹システムを10数年OSのバージョンアップやシステム改善で継続して使用してきましたが、機能も膨大になり、処理スピードが遅く、売上、仕入の情報更新が月次処理後でないと把握できなかったため、今日の確定売上高が見れない状態でした。また、販売管理システムと工事原価管理システムで連携が取れていないため、月次業務で営業と事務作業で2重入力が発生。

お悩み

1.現時点での売上・仕入把握、日次業務処理スピード改善
2.月次処理が別々のシステムから集計し、計算していたため、締め処理が遅い
3.上記実現による情報システム処理時間の短縮

解決へのプロセス

現状の処理画面、処理内容、課題を把握し、各物件から入力画面までの画面遷移を簡素化することで、工事Noがわからなくても各処理登録が行えるよう改善。データ更新処理も整理を行い、リアルタイム、日次、月次と必要な情報毎で処理を分け、必要なタイミングで必要な情報を把握できるよう改善。各地区でバラバラであった業務運用手順を全社統一の手順に統一。

親会社からの要望により基幹システム内部統制対応が必須

A社【樹脂製品販売業 従業員数:150人 売上高:120億】

導入検討の背景

親会社からの要請で内部統制に対応するために、申請承認ワークフローを業務システムに構築する必要があり、システム再構築のプロジェクトを発足。元々のシステムは関連会社のシステム会社で構築していたが、リプレースするには再度スクラッチ開発が必要。

お悩み

1.業務に内部統制強化の為の申請承認ワークフローが必要
2.工事原価機能を強化したいが、今のシステムでは限界
3.リプレースする費用が高く、すべての要望を満たす仕組みを構築できない

解決へのプロセス

WebActiveConstructSALEは申請承認のワークフロー機能を標準で搭載しており、販売管理システム及び工事原価管理システム機能が搭載。今回必要な機能が網羅され、画面操作もわかりやすいと評価頂き、システム導入を決定。現場への導入運用では、工事原価管理機能だけではなく、販売管理側も業務効率化できると評価いただいております。

課題解決策

工事原価の課題・お悩み

1.工事の受注増減、実行予算増減の変更履歴が見えない

見積変更履歴・受注実行予算変更履歴の把握を行うことが可能です。改版を行い履歴を保持し、工事物件ごとに変更履歴照会を行えます。

2.月次で発生原価による売上を把握したいが仕組みが無い

発生原価を把握し、受注額・実行予算額から売上予定額をシステム内で自動的に計算いたします。
自動計算を行うことで、手作業での計算処理をなくすことができます。

3.工事個別請求を行いたいが、締め請求処理しかできない

商品販売の締め請求処理、工事は物件単位に請求書を出すことが可能です。
当然、工事の個別請求ではなく締め請求にまとめることも可能です。

内部統制強化の課題・お悩み

1.必要な箇所に申請承認のワークフローを付けたい

販売管理・工事原価管理機能の必要な箇所に承認申請ワークフローを搭載することができます。
また、与信限度申請・マスタ登録申請にも活用することができます。

2.申請情報によりルートを変えて柔軟に対応したい

30万円までの発注は課長承認、30万以上は役員承認が必要など、運用条件により承認ルートを変更し処理を行うことが可能です。
代理承認、先行承認など柔軟な対応も可能です。

3.一般稟議のワークフローも統合して管理したい

オプション機能の一般稟議ワークフローを搭載することで業務ワークフローと同じマスターを活用し、ルート設定を行うことができます。
業務ワークフローと一般のワークフローで別々にログインする必要がないため、管理負担を軽減できます。

現行システムの課題・お悩み

1.原価積算・見積から受注・実行予算のデータ連動性が無い

原価情報から見積の作成・見積作成から受注登録・実行予算登録とデータを連携して登録することが可能です。1回入力されたデータをフル活用いたします。
※原価積算及び見積情報登録は同じ画面で登録が可能です。原価積算だけを始め入力し、見積作成を行うことができます。

2.工事Noを各機能毎で入力しないと次の処理へ進めない

工事情報の一覧表示を行い登録された工事情報から各処理機能へ遷移することが可能です。
見積機能、受注機能、実行予算機能、発注機能等、各画面で工事Noを呼び出す必要はありません。

3.工事で在庫を使用する場合、販売機能しか処理できない

在庫を工事で使用する場合、工事に紐付けた在庫出荷を行うことが可能です。
販売管理側で無償支給を行った後、原価に登録する手間は必要ありません。
見積機能、受注機能、実行予算機能、発注機能等、各画面で工事Noを呼び出す必要はありません。

月次処理の課題・お悩み

1.今月未処理情報がわからないので探すのに時間がかかる

今月処理を行う予定の情報を表示し未処理情報としての把握が可能です。
各処理ごとの未処理件数を表示し、対象者に問合せることにより、月次処理を迅速に行うためのサポートをおこないます。

2.販売と工事が別管理なので集計を手作業で行っている

月次処理を行う段階で販売管理と工事原価管理の売上・仕入・工事原価・債権・債務データを自動で集計します。自動集計されたデータを確認して頂くことで集計作業に労力をかけることなく月次確定を行うことができます。

3.入力ミスが締め間際に発覚し、訂正処理が発生している

入力ミスを無くすため、通常業務の各入力項目に値チェックを行うことで入力ミスを撲滅します。また、各画面のワークフロー機能により承認者による確認がありますので、実質的に2重チェックの運用が可能です。

オプション機能のご紹介

取引先EDI

取引先とのEDI連携を行うことが可能です。取引先とのマスタ統一、EDI区分をもつことで紙での注文も可能です。

有資格者管理

資格が必要な現場に関して、資格保有者の検索を行い、重複を防止します。

作業日報管理

現場ごとの作業実績を登録致します。機械損料も登録することが可能で、労務費、機械損料を管理致します。
また、勤怠と統合したシステムも導入可能なため、作業日報+勤怠管理が行えます。

取引先マスタ申請

各拠点で発生する新規取引先の申請をシステム上で行えます。各拠点で承認されたデータは本部に申請データとして送られ、本部にて確認後、マスタ登録が可能です。また、取引先期限を設け、定期的にメンテ更新のフローも実現いたします。

外注先共通サイト

外注先と注文・請求・支払、作業日報情報等の共通サイトで情報共有が可能です。

モバイル端末連携

基幹システム機能の切り出しを行い、モバイル環境での閲覧、登録を行います。

現場写真管理

基幹システムの工事Noと連携し、工事No、工程ごとに写真の登録を行います。

工程管理

工事単位での工程管理から業者別に集計した工程管理といった稼働状況の見える化を支援します。

資料請求・お問合せ・導入に関するご相談など、お気軽にお問合せください。
株式会社東計電算
住宅・建設システム営業部
044-430-0740