ホーム > 会社案内

ご挨拶


  • 情報化のシーズと業界のニーズの仲介役


通信やコンピュータの急速な発達により、経済社会が情報産業に求める機能は変化し、また多様化しています。私共、株式会社東計電算は、創業以来約40年にわたり、時代が情報産業に求める情報化ツールを提供せんと努力して参りました。現時点で、当社では次の三分野をコア・ビジネスとして位置づけています。


第一は、業種別、業務別の、情報システムによるソリューションの提供です。そのため、当社は組織を業種別に構成するとともに、営業担当者やSEが各業種を熟知し、その業界の管理者レベルの知識と経験を持つべく努力しております。当社が行う、各企業の目標にマッチした情報システムの提案は、すべてこの経験を前提としております。

第二は、情報処理のアウトソーシング・ビジネスです。通信の急速な発展により、情報の伝達コストが急激に低下しています。これにより、情報のユーザーと情報処理端末が遠く離れている場合でも、わずかな通信コストで情報を活用することが可能になりました。一方、コンピュータの能力が大きくなるにつれ、その機能を充分に活用する運用技術への要求も大きくなっています。このような時代の要請に応え、当社はユーザーのホストコンピュータまたはサーバーを受託し、高度な運用技術によって経済的な効果のある情報処理を提供しております。


第三は、ネットワークシステムの開発、運用です。インターネットの浸透が進み、さらにイントラネット、エクストラネットへの需要も増えてきました。いち早くネットワーク技術に取り組んだ当社は、インターネットを活用してのシステム開発・運用、ネットワーク保守、サポートのためのソフトウェアの開発・保守に経験と実績を積んでおります。 このようなインターネットを活用するシステムに対する需要は今後急速に拡大すると予測されており、私共も大いにエネルギーを注入していくつもりです。


これら三分野のコア・ビジネスを通じ、急激に変化する情報化のシーズと、経済界の変動に応じて変化する業界のニーズを結びつけることが、当社の使命と考えております。

創業の精神

当社の機能はコンピュータとニーズの仲介役である。
経営の要諦は市場の要請に対応することである。
先憂後楽を旨とする。
生成要は元を固むるにあり。
社員一人ひとりが経営者。
つねに向上心を持ち、努力する。



採用情報


お知らせ